牛久さくら園


Top > 一般事業主行動計画


社会福祉法人若竹会 一般事業主行動計画

 職員が仕事と子育てを両立させることができ、働きやすい環境を作ることによって職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

計画期間
平成27年4月1日〜平成32年3月31日

内容
目標1 産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育休中の社会保険料免除など、制度の周知や情報提供を行う
対策1  育児法に基づく諸制度の調査、ならびに制度に関するパンフレットを作成し社員に配布
目標2 男性職員の育児休業等を取得しやすい環境づくりのため、周知や情報提供を行う
対策2 男性の育児参加促進に積極的に取り組み、子育てと仕事の両立を可能にする施策を整備し、子供が育つ環境整備に男女が共に前向きに関わる事ができる職場づくりに務める 
制度名 取得期間 対象者 目的
育児休業 原則:子の1歳の誕生日前日まで
特例:子の1歳2ケ月の前日まで(パパ・ママ育休プラス)
(特別な理由の場合1歳6ケ月まで)
全職員(入職1年未満・1週間の所定日数が2日以下・日々雇われる者は除く)
※妻が就業している又は産休中の場合も対象
・母子の入院中の育児準備、母子の退院の付添
奥さんの産後サポー、お風呂入れ・オムツ換え
・子供の発達・成長における父親の役割を果たす
・奥さんの育児負担軽減
育児短時間勤務 子の誕生から3歳まで勤務時間を短縮する事ができる
(最大で1日2時間まで短縮が可能
3歳未満の子を養育する職員(日々雇われる者は除く)
1日の所定時間が6時間以下でないこと
・保育所等の送迎
・子供の発達、成長における父親の役割を果たす
所定外労働の制限 子の誕生から3歳まで 育児休業の対象者と同じ ・仕事の効率を図り、子供とのコミュニケーションをとる
時間外労働の制限 子の誕生から小学校就学前まで 同上 同上
深夜業の制限 子の誕生から小学校就学前まで 同上 同上
看護休暇 未就学の子供が病気やけがの場合1年度につき5日取得(子が2人の場合は10日取得) 全職員(入職6ヶ月未満・1週間の所定労働日数が2日以下は対象外) ・子供の世話、病院への付添や予防接種等

上記の育児制度は男性も利用できます。

当法人は全職員が仕事と子育ての両立支援を、仕事とそれ以外の生活バランスを支援します!

相談窓口:施設長

 

 


 

 
Copyright (C) 2007 WAKATAKEKAI Social Welfare CO.,LTD. All Rights Reserved.